日本で起こっている自然災害の状況についてですが、年々ひどくなってきているように思います。(汗)あなたは、どう思いますが!?それが、「まさか、日本で起こるなんて・・・」と思いますよね。(涙)※注意報は、災害の起こる恐れがある場合に発表されます。※警報は、「重大な」災害の起こる恐れがある場合に発表されます。

実は、警報や注意報の数値的な基準は地方により異なっています。例えば大雪警報は、24時間の降雪量で判断されますが、 新潟上越地方の山沿いでは100cm以上で大雪警報が発表されます。この様に、地域により警報、注意報が出される数値の基準には違いがあると言えます。

災害の予想についてですが、その地方の特性が多いに影響してくるものになります。※大都心の東京においては、少し雪が降っただけで危険だと言えます。それと同じ量の雪が、新潟の豪雪地帯で降ってもさほど、生活などには影響はありませんよね。雪とは、無縁の沖縄では雪が降りません。そもそも雪に関する注意報・警報自体がないと言います。(笑)。こういった警報、注意報の基準については、随時見直されます。

そして、常にその土地にあった基準であることが望ましいと言えます。特に近年では、その基準の見直しが必要とされているのかもしれませんね。近年の台風の被害、大雨の降り方については、以前の様なものではありません。(涙)地震、津波の影響で地盤がゆるんだ地方においては、一時的に大雨警報、注意報の基準が下げられるといった対処もあります。